最近サーブァンプの椿にハマっています

f:id:madobokkuri:20170811102005j:image

 

 

f:id:madobokkuri:20170811102022j:image

 

 

f:id:madobokkuri:20170811102053j:image

 

第一夜狐の森

 

「狐の森って知ってる?」


ある少女がそう言った、その一言で学校中に狐の森の話が広まった
「なぁ八代、明日さ狐の森に行ってみねえか」
隣にいる和樹がそう言った
「八代ダメだぞ!しかも本当の狐がいるって、そいつに会ったら血を吸われるって」
和樹は笑いながら言った
「何だそれ?吸血鬼みたいだな、じゃあ今日の夜、八代と一緒に確かめに行ってやる」
八代は驚き言った
「え!俺も」
和樹は言った
「だって俺一人で行くの怖えよ」
八代は言った
「この小心者め」
和樹は言った
「は!俺のプライド舐めんなよ神社の前で集合な!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
8時50分
俺は神社の前で座って待っていた、
「和樹遅いな、ん?」
八代は
神社の奥にあった狐の像に気づき歩いて頭を撫でた
「夜になると不気味だな」
カコン、カコン、下駄の音が響いた
前を見ると赤目の黒髪の男が立っていた
「確かに夜は不気味だねぇー」
俺は驚いて飛び退いた
「あんた何者何だ?」
赤目の男は
言った
「嗚呼、僕はね」
その時和樹が神社の入り口で声をかけた
「おい八代何か、あったか!」
八代は振り返り言った
「あ!さっき人に」
和樹は言った
「人?誰もいねえけど」
「え?」
振り返るとさっきの着物姿の男は消えていた
和樹は八代の手を引いて言った
「それより早く行こうぜ!」
「・・・」
八代は言った
「なぁ、おまえのプライドどうした」
和樹は震えながら言った
「だってよーひぃー」
八代は言った
「?どうした」
和樹は言った
「狐だぁーー!!」
和樹は走って行った
「和樹ーー」
カコン、カコン、
八代は息を飲んだ
「やあ、また会ったね」
男の赤い瞳は怪しく光っていた

 

 

 

 

 

あんな所に・・・・
ミシェル「ブィトン!ブィトン!トイレに宝箱があって開けてみたらアップルグミが入っていたんだよ!」
ブィトン「へ〜でも、それって使えるのか?」
ミシェル「そうだ!浄化すればいいんじゃない?」
ブィトン「浄化か、その手があったなファルコンの炎とメラティノの出魔法があれば・・・」
ミシェル「いけるね!」
ブィトン「いけるな!」
ルーブェルト「それ、私には絶対食べさせるなよ」

第0話

僕が彼に会ったのはある学会の発表式の時だった、学会は妖精国で行われたこの学会では妖精の内容などを発表するとの事だった、だが彼は我々人類の歴史を語った周りの方は野次
を飛ばしたが僕は彼が話した人類の話が心に響いた、僕は学会の発表が終わると彼の研究室に行った彼は机に向かっていそいそと手を動かしていた、フェクトはスティーヌを見て言った
「あの先生・・・・」スティーヌは机に向いたまま言った
「うるさいよ、静かにしてくれ!」その後、彼を納得させるのが大変だった
スティーヌは苛立って扉を開けた
「君はいつまでそこいるつもりだい」フェクトは扉の前にしゃがみこみスティーヌを見上げていた
「貴方が私を弟子にしてくれるまでです」
「だから何度言ったら分かるんだい私は君のような凡人を相手にするほど暇では無いんだよ」フェクトは手を扉の間に挟みしめれないようにした
「本当に君はしつこいね」スティーヌは諦めて部屋に入れた
「部屋に入れたという事は弟子にしてくれる気になったんですか」
「まあ君を私の弟子にしてやる」フェクトはペコリと頭を下げた、すると部屋を見ながら言った
「何でこんなに散らかってるんですか」「いきなり失礼だね、まあ私の事は師匠っと読んでくれたまえ、それで君は」「フェクト・ロッテ・シェパルです」「じゃあ愛称はフェク君でいいかな」「どうぞ」
そして僕と師匠の師弟生活が始まった、

アロイスが路地裏を歩いていた
すると後ろから声がした、
「何を迷っているんだい?」
アロイスは前を見て言った
「迷っていなかった」
声の人物はアロイスの前にきた
「嘘だね、君は、いつも嘘を吐く」
アロイスはウォーカの姿を確認して言った、
「お前などに、分かられて、たまるか」
ウォーカーはアロイスの後ろに行き言った
「じゃあ、なぜ彼の急所を撃たなかったの」
「あれは偶然手が滑って」
「違う、君は偶然なんかで失敗するような奴じゃない、一瞬の迷いだ」
「君は何度も人を殺めた人間だ、そんな君に迷いなんか残っていないんだろう、昔君は、そう言ったよね」
「いいから帰れ」
「何か引っかかってるんだろう」
「帰ってくれ」
ウォーカーは帰って行った、

 


第三話グレンフリード界式


「ふぁ、おはようフェク君」フェクトは、フライパンを手で握り言った
「おはようございます」
少し開けてある窓から、目玉焼きの焼ける匂い漂よってきた、窓がガタガタといって左右に揺れていた、フェクトは窓を閉めて迷惑顔で言った
「まったく、こんなに、風が吹いたら部屋の中が、寒くなってしまいます」スティーヌは牛乳を注ぎながら言った
「 ねーフェク君はグレンフリード界式という能力を知っているかい」フェクトとスティーヌは椅子に座った、フェクトは目玉焼きを切りながら言った
「確か、素質を持つ者だげが扱える力と言う話ですか」スティーヌは、ご飯に目玉焼きの黄身をかき混ぜた、そして口を開いた
「確か、フェク君はblade界式の使い手だよね、私はfire界式の使い手なんだ、だけど私はこの力を持つべきして持ったではないかと、思うんだよ」フェクトは小さく呟いた
「持つべきして持った力ですか・・・・」


第四話フェクトの悪戯

スティーヌが焦せり顔で、言った
「フェク君!私の服をどこへやったんだい!!」フェクトは食器を洗いながら言った
「洗濯機に入れました」スティーヌは膝を床に着いて言った
「着けてたパジャマも、朝になったら脱がされていたんだよ、タンスを開けたら服が一着も無いじゃないか!」フェクトは真顔で言った
「わかりました。服買いに行きますから」スティーヌは、嬉しそうな顔をした「ありがとう、フェク君!」
三時間後部屋の扉が開いた
「フェク君、これは何だい!?」フェクトは不思議そうな顔をして言った
「服と下着ですよ?」そこには、女性用のフリル付きピンクのワンピースがあった、スティーヌは真っ青な顔をして言った
「女用じゃないか・・・」フェクトはちよっと、緩んだ表情で言った
「だって、服をちゃんと買ってきたじゃないですか」スティーヌは真っ青な顔で口をパクパクと開けて喋った
「でも、まさか君が女用の服を買ってくるとは、思わなかっよ」フェクトは手で顎をさすった
「でも意外に似合ってますよ?」スティーヌはフェクトに、背を向けて言った「君は、私に女装でもして、行けとでも言いたいのかい・・・」フェクトはスティーヌの肩を叩いていった
「大丈夫ですよ、師匠元々美人ですから」スティーヌは怒った顔で言った
「慰めになってないよ!!」

第5話消失と運命

スティーヌは一息ついて言った
「ふー、フェク君私はこれから旅に出ようと思うんだよ」フェクトは不思議そうな顔で言った、
「旅ですか?」フェクトは振り返りながら言った
「では、僕もお供します」スティーヌは怒った顔で言った
「駄目だよ!!!」フェクトは、驚いた顔で言った
「何故ですか・・・・」スティーヌは目を逸らして言った
「君を巻き込んでしまうかもしれない」「・・・」
師匠の姿を見たのは、これで最後だった、それから何年か経って、僕は師匠が作り上げてきた魔術を広めていった、だがその間魔術を扱えない町の人々からも怒りを買うようになっていた、10年が過ぎた頃
僕は魔術を広めた責任者となり町の人々に掴まり牢に入れられた、だが私は信じた、町の人々も、そしてまた、師匠が帰って来ることを願った、だが私は師匠にも会える事すら出来ず、町人に火あぶりにされ命を落とした、


第六話再会

 


僕は再び意識を取り戻した、目を開けるとまるでこの世の物ではない美しさそしてどこへ行っても出口が見えない程だった、フェクトは目を細めて言った
「僕は死んでいないのか?」すると誰かがフェクトの肩を叩いて言った、フェクトが振り返った
「私にもよくわからないよ」フェクトは目を見開いて言った
「師匠?」
スティーヌはフェクトを見て言った
「何をそんなに驚いているんだい」すると目の前から、やわらかで透き通る声が聞こえた
「それは、貴方のいた世界より100年も時を越えているからです」
フェクトは前後ろに振り返り言った
「誰だ!!」
女神は笑って答えた
「こうして話すのは初めてね、フェクト・ロッテ・シェパル」
フェクトは不思議そうな顔で言った
「僕は死んでいないのですか」
女神はフェクトを見つめて言った
「私が、貴方達に生きてほしいから、ですが今貴方達が今の時間軸に行っても貴方達の生きていた時間の考え方では、100年経った世界では通用しません。そしてフェクトさん貴方に任務を授けます、では二人とも是非ご無事に帰還して下さい」
二人は目を丸くして言った「え」

第七話時間の流時


スティーヌは驚いた顔で言った
「君は、誰だい?」
フェクトは驚いて指をさして言った
「僕ですよ、フェクトです」
スティーヌはフェクトを見つめて言った
「じゃあなんで女神様の身体をしているだい」
?口をを閉じてしぶしぶ自分の身体をみた
「んっ・・・あ、ここは・・・」
スティーヌはフェクトの顔を覗いて不思議そうに見た
「どうしたんだい?」
フェクトは真顔で言った
「僕の墓ですよ、ここは」
スティーヌは口を英語のOの形にした
「なぜ私の家に君の墓があるんだい」フェクトは目を逸らして言った
「言えません」
スティーヌは必死にフェクトを掴んで言った
「うぇ・・・教えてくれよ」

第八話フェクトの異変

「さあ・・・・僕の名前を呼んでください、呼べるものなら」
夢で見たフェクトは明らかに様子がおかしかった、スティーヌはフェクトを変だなと感じて声を掛けた
「フェ・・・フェク君今日は体調悪くない?」
「どうしたんです?ちょっと気持ち悪いですよ」
「どういう意味だい」
話かけてもおかしな事はなかった、だったらなんで夢でのフェクトは様子がおかしかったんだろう、
「それで、先ほどの質問はどういう意味ですか」ギク
「昨日の夜、夢で君の様子がおかしかったから、君の名前を呼んでというから、体調悪いのかなと思ったから聞いたのさ」
「別に気分は悪くないです」
「そうかい、ならいいよ」

「フェク君頼むよぉ」
「駄目です」師匠が私の腰の張り付いて10日が経った
「いい加減離れないと怒りますよ」スティーヌは泣きそうな顔で言った
「だって怖いんだよー」フェクトは顔を後ろに傾きながらスティーヌに問いかけた
「何が怖いんです」
「君が大丈夫と言っても心配で落ち着けないんだよ、それに・・・・・・・・」フェクトはエプロンをかけながら言った「それに?」
スティーヌは顔を背向けて言った
「な・・・何でもないよ」


第10話流星の大罪人


気になってきてしまった、スティーヌは建物の端に隠れフェクトの様子を伺っていた、フェクトは角を曲がり市場に出たスティーヌは追いかけるように走って行った、フェクトが道を歩いていると少年が腹を抱えていた、フェクトは気になり少年に声をかけた
「あの、君」
フェクトレは少年が答えなかったので少年の足を見た、すると足には足枷がはめられていた、「奴隷か・・・」
少年はその言葉に驚き後退りをした、すると店主から進められたがフェクトは、断ろうとした、
「いえ、僕は」
フェクトは少年を見ると何かを感じた、
まさか師匠と同じ・・・・
フェクトは少年の手を握り言った
「今日から君は僕の弟子
だ」


第12話副作用

今日の師匠は変だ、フェクトは何か心の中でそう感じていた、僕が読んでも答えてくれない「師匠」スティーヌは振り返った「まさか、まだ気にしてるんですか」スティーヌはまたフェクトから目を背けた「何の事だい」覚えてないのか?昨日、僕があれ程理由を説明していたのに、一晩たっただけで忘れるなんて、まさか・・・「師匠」フェクトはスティーヌの顔を自分向けて言った「僕の名前を呼んでください、呼べるものなら」「・・・・・」スティーヌはまた俯いた、
これは魔術の副作用なのか?
フェクトはそう思った、